ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

HOME » BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー › HOT SHOT

BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

TS高松の展示物2

2013年10月 1日

20131001_1603155.jpg 20131001_1603156.jpg 20131001_1603157.jpg

HOTSHOT 70mm カタクチイワシ

 

 言っておくがこれは、松本功という早生の天才が20年以上前に作ったミノーである。
前回お見せしたcampbell仕様しかり、この世でまだ誰も、20年前の松本さんにさえ追いついていないのが、現在のハンドメイドミノー業界のレベルである。

 

ハンドメイド製品を商売にするということは、それで飯を食うと言うことであるから、どんなに良いものであったとしても、5個や10個じゃ食ってゆけない。
だからハンドメイドなんか趣味にしておけと、僕は口酸っぱく言うんだな。
数を求める状況になると、クォリティーはある程度犠牲にせざるを得なくなるから...
松本さんは釣具店を営みながら、傍らで制作が出来る境遇にあったのも圧倒的クォリティーに貢献したと思われる。
だとしても、今現在、故人の遺物であるホットショットを超えるものがないのは厳然たる事実で、自分も含めてそのテイタラクぶりに呆れるばかりだ。

 

カタクチイワシはソルトウォーターのルアーフィッシングに於いては重要なベイトフィッシュではあるが、通常はこんな小さなルアーは作らない。
大抵は、シーバスや青物を狙うためのルアーである場合が多いから、必然的に大きく重いミノーが求められるからだ。
では何の為に?と思うだろうが、僕に大好きなメッキアジ釣りを教えたのは松本さんだ。
何度か一緒に釣りに行ったが、僕が50mm前後のミノーでやっている側で松本さんは、細くて少し長いミノーで遠くまで飛ばしてバンバン釣っていた。
それがこいつだ。
その後、自分も細長いミノーをこしらえたのは言うまでもない。

 

シルエットや顔周りの造形は、マイワシでもワカサギでもなく、まさしくカタクチイワシ以外の何ものでもない。
ここでも得意のオリジナルスケールを制作して、側線から下は単目、側線より上はクロス目の鱗模様を表現している。
背中はトーンを抑えながら(あえて目立たぬように)ソフトチュールのマスキングが施されている。
実際のカタクチイワシは青黒い背中だが、何もマスキングしないのは手抜きをしているように思えるものだ。
だからあえて目立たぬように塗装したのだろう、というのが僕の想像だ。
目立たぬようにと簡単に言うが、それをコントロールできるビルダーを僕は他に見たことがない。

 

ポリカのリップがシェイピングされているのは、おそらくそのままでは狙った動きが出なかったからだと思う。
僕が見ても、あと0.5mmほどラインアイが低い方が泳ぎは出ると思われるからだ。
しかし同時にそれは、カタクチイワシ特有の受け口のシルエットを表現することとはバーターになってしまう。
そのコンマ5ミリに中に、僕は松本さんのチャレンジと葛藤を見る想いがするのだ。

 

日和佐の赤灯台に夕方4時頃着いて、それから日暮れまでの1時間ちょっとで二人で50匹以上釣ったのがとても懐かしく思い出される。
だから僕は今でもあの赤灯台で釣りをするのが好きなのだ。
たとえ釣れなくても...

 

TS高松の展示物1

2013年8月30日

20130830_1509902.jpg 20130830_1509903.jpg 20130830_1509904.jpg

20年前のHOT SHOT (上州屋 camp bell 仕様)テニスステーション高松にて展示中

 

 自分の作品ばかり見ていると、案外それはそれで良いと思えてしまうから、僕は時々HOT SHOTを取り出して眺めることにしている。
そうすると、自分がいかに低レベルな製品で満足しているのか身につまされる。
これから時々、展示物を紹介することで自分のレベル向上につなげようと考えている。

 

今日のHOT SHOTは20年以上前にHOT SHOT松本さんが、上州屋の系列店キャンベルにOEMで制作卸していた作品だ。
約12cmのボディーは、ワカサギ系の小魚をイミテートしたものだと思われる。
まず、1枚目の写真では、アルミ板に自分でケガいたスケールを利用した鱗目に注目していただきたい。
一方方向だけの単線部分と、クロスした菱形模様が側線付近を境にしてシームレスに繋がってゆく。
台所であたりまえに使うアルミホイルにこれだけ美しく転写するだけでも、素人やちょっと囓った程度のビルダーには到底真似はできないだろう。
魚種により、サイズにより、様々な自作スケールを用意して、魚の持つ質感を忠実に再現しようとする試みには心底頭が下がる思いだ。
単純に魚皮を貼ったり、アワビシートを貼ったりして逃げることなく、常に自分の技術の粋を結集して真っ向勝負だ。
じっと眺めていても惚れ惚れするほど美しい。

 

次は顔まわり。
後年の作品に比べれば、表現の方法が稚拙な部分があるけども、そこには松本さんの恐ろしいほどの執念が隠されているのだ。
顔のアルミ部分を見て欲しい。
アゴ下の部分、エラの蛇腹の部分、そしてほっぺたの部分と、3ピースにして部分的に重ね貼りすることによって立体感と精巧さを出そうと試みている。
また上唇には半透明の樹脂を立体に造形したものを貼り付けて、文字通り立体的に盛っているばかりか、口を少しだけ開いているかのように、ノーズ先端部分はセルロース層に削り込みを入れている。
目玉は金の縁取りが出来るようにシルバーのシートの上にゴールドのシートを重ねて、適度な粘度に調整した黒塗料が自ら回り込んで、表面張力で縁だけが残る最適量をポッティングするのだ。

 

最後は極めつけ、伝家の宝刀、エラの赤いスリットだ。
ここは赤く塗れば良いというもんじゃない、と言うのが松本さんの口癖だった。
後方から覗き込んで初めて、エラは赤いと確認できるのだと。
真横から見てエラが赤く見えている魚なんていないのだから。
事実、HOT SHOTのエラは、後方はバルサの木地が見えていて、前方だけが少し赤く見えるように表現してある。
おまけにこのモデルに於いては、その赤いエラの繊維まで、一本一本筆で手書きしてあるのだから恐れ入る。
デジカメで上手く撮れないのが残念だが、機会を見てまた紹介しよう。

 

まだまだ見るべきところはたくさんあるモデルだけど、BLOGの画像制限でこれ以上は次の機会に譲るとしよう。
もう時効だから言うが、この恐るべきミノーを、松本さんは3千円から4千円で卸していた。
販売店で桐箱をセットされて1万円代後半で売られていたのをご存じの方もおられるだろう。
なんともやりきれない話しだ。

 

1