ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

HOME » BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー › ルアーメイキング › STREAM ARMOR 58S

BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

STREAM ARMOR 58S

2013年11月13日

20131113_1734521.jpg

STREAM ARMOR 58S sinking(4.3g) OLYMPUS E-M1 12-40mmPRO

 

前号「鱒の森」でフィーチャーしていただいて、すぐに在庫払底してしまっていたストリームアーマー58Sがやっと出来ました。
今週から順次リリースして参りますが、いつもどおり数に限りがありますのでお早めに入手して下さい。

 

あらためてこのミノーのコンセプトなどをかいつまんで書いてみます。
このくだりは何度か記事にも書いたと思いますが、起源は僕の大好きなヒラスズキ釣りとメッキアジ釣りのヒットシーンにあります。
海のルアーフィッシングでは、飛距離は絶対に欠かせない要素のひとつですが、僕のやっているウッド製品では比重や内部構造の制限から思うように飛距離が稼げません。
これをクリアーする手っ取り早い方法がリップのない形状にして空気抵抗を減らす、すなはちリップレスミノーの形態にすることです。
実際やってみると飛距離はまぁまぁ合格点、それよりも驚いたのはリップ付きミノーにも劣らない泳ぎの良さでした。
しかも力点支点の関係からなのか、トゥイッチ等の操作に対するレスポンスが非常に早い。
何匹もヒラスズキをヒットさせるうち、これを渓流サイズにダウンサイジングしたら...と、当然のごとく(笑)発想したわけです。

 

オフシーズンだったので最初の小さなリップレスミノーのテストはメッキアジ釣りでした。
想像以上に良く飛んで良く泳ぎ、おまけにめちゃめちゃ釣れる。
他のミノーとの比較でも、リップレスを選食するかのように圧倒的な釣果の差が出たのでした。
翌シーズン、次世代モデルを渓流に持ち込むと、やはり刮目すべき性能を発揮し、渓流ルアーフィッシングの組み立てを覆す能力のあるミノーだと確信しました。
以来15年、何度も世代交代を重ね、デザインも洗練度を増して到達したのが現行のストリームアーマーシリーズなのです。

 

飛行姿勢がまったく乱れない、ライナーで打ち抜けるジグミノー並みの飛距離。
低速からすぐに立ち上がり、2500番リールの最高速でも破綻しない遊泳能力。
着水直後のワンジャーク目から即座に反応するレスポンスと、小さい入力から最大ジャークまで追従するダート性能。
不得意があるとすれば、その場でチョコチョコ動かすようなワームフィッシング的な操作におけるコントロール性(これにはフェイズタイプ4がある)だけでしょう。
ST-36#12番フックが標準なので、本流のサツキマス釣りの切り札として使っている人も多くいます。
このミノーを前提にすれば、ロッド、ライン等の設計も、よりパワーのあるレギュラーテーパーショートロッドに変えることも可能でしょう(弊社REVOLVER532 BORONはストリームアーマー前提の設計です)
あまりの飛距離と操作レンジの広さから、ピンポイントアキュラシーとミノーの反応に合わせた操作が可能なエキスパートに評価が高く、ビギナーにはやや性能を引き出し切れない場面があるとも言えますが、レイチューンが生み出した渓流のフォーミュラマシンとも呼ぶべきストリームアーマーシリーズ、自信を持ってお勧めします。

 

尚、全長は58mmですがカップの突出部分を含んだ数値ですので、ボリュームは50mmミノーと同等です。
従前のストリームアーマーⅢ50Sも、早くも新型となって来月リリースです。
こいつも凄いです。楽しみにしていて下さい。

 

カテゴリー:ルアーメイキング