ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

HOME » BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー › ルアーメイキング › リップ磨き

BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

リップ磨き

2013年6月27日

20130627_1333283.jpg

 

 多くのハンドメイドルアービルダーにとって最も嫌な仕事のひとつが、リップ磨きだろう。
リップとは、ミノー(小魚を模したルアー)のアゴ下に取り付け、水中を引くとその抵抗によって左右への往復運動を起振させるための小さな板である。
ハンドメイド品の場合、透明度や強度を求めると、素材の選択は限られてくる。
折れにくさを求めれば、近頃主流化しつつあるFRPの薄板。
美しさを求めればポリカーボネート薄板となる。
僕は量産品には(どこが量産やねん、と多方面から突っ込まれてはいるが...)FRP。
フルハンドメイドにはポリカを使用している。

 

FRPは硬いのでジャリジャリ削れて作業も楽ちんだが、ポリカはくせものだ(笑)
●まず、大きなハサミ、糸鋸旋盤、あるいは小型丸鋸等でラインより僅かに大きめにカットする。
●次に電動ルーターの先にドラム状の回転式紙ヤスリをセットして、大まかに研磨。
●次に320番のサンドペーパーで綺麗に研磨。
●600~800番のペーパーでめちゃ綺麗に研磨。
●1200~1500番のペーパーでめちゃめちゃ綺麗に研磨。
●最後に回転バフにポリッシャーペーストを付けてピッカピカに鏡面研磨。
で、出来上がり。

 

以前、一日に50個作ったら、お茶碗も持てなくなりました。
次の日は肩こりで一日中頭痛が残るほどキツイ。
左手の親指と人差し指で、小さなリップをペーパーでギュッギュと磨いても逃げないようにギーッと掴み、右手で人差し指でペーパーを強くあて、各段階で何十往復もごしごし磨かないと綺麗にならない。
指先などは凹んだまましばらく戻らず、握力は喪失する。
あーやだやだ。
時間給に換算すると、一個いくらだ?
まぁ、好きでやってんだから仕方ないけどね(苦笑)

 

カテゴリー:ルアーメイキング