ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

HOME » BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー › ルアーメイキング › 今日もギンギン

BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

今日もギンギン

2014年2月 5日

20140205_1985507.jpg 20140205_1985526.jpg

製作途中なので画像加工してます

 

写真の刃物達はバルサ材を削り出す時に使用するナイフである。
それぞれ用途が違い、この形に行き着くまでに10年を要し、その間何度か作り直した。
一本だけは友人からのもらいものだが、これは最初からジャストフィットで使いやすかった。
(それは恐らく彼が一流の料理人だからだろう)
だからナイフはこれ以外にも何本も持っている。
毎日毎日研いでいるうちにようやく満足の行く(それでもまだまだ甘いんだけど)研ぎが出来るようになるのに何年かかかった。
別に研ぎを極めるためにやっているのではない。
良い製品、均一な製品を作るために必要だから、やりたくはないけどやってきたのである。
職人の定義なんてのは曖昧なものだけど、僕のまわりの職人と呼ばれる人々は、みな僕よりも遙かに長い時間を掛けて、膨大な数をこなす事によってのみ会得できるものを身につけた人達だ。
数個程度作るのなら、どんなに手の込んだ物だって作れる。
職人と呼ばれる人は最高レベルの仕事を、世間話をしながら、まるでマシーンの様なスピードと正確さで次々とこなして行く。
普通なら耐えられない苦痛や、繰り返しや、退屈をも跳ね返す強靱な肉体と精神を、時間と引き替えに獲得しているのだ。
その結果、コストや時間の制約の中で求められる最上の結果を、いとも簡単に叩き出す能力を身につけた人を職人と言う。
そこに到達する道程を理解する洞察力が、この国から失われつつあるのはなんとも悲しい事だ。
ルアーメイキングは果たして職人へ通じる道なのか?
そんなことはどうだっていいじゃないか。
ちょいかじりの趣味人ばかりがウヨウヨ跋扈している世の中で、僕は僕が尊敬する職人と呼ばれる友人達と同じものを会得するのだ...と念じる。
すくなくとも僕は、職人じゃなきゃ生み出せない物がこの世にはあることを知っているから。

 

カテゴリー:ルアーメイキング