ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

HOME » BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー › fishing

BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

深夜の郵便受け

2016年8月19日

masunomori01.jpg

masunomori02.jpg

masunomori03.jpg

OLYMPUS E-M1 M.ZUIKO DIGITAL  PRO12-40mm F/2.8    60mm/F2.8MACRO ED


夕方から急遽、瀬戸大橋を渡り、倉敷のDHL営業所(高松には無い)で荷物を受け取り、急いで戻ってブツに加工を施し、手渡しする為に淡路島SAまで車を飛ばして、帰宅したのは午前2時前だった。

帰ってなにげに郵便受けを見ると書籍っぽいものがはみ出している。
新しい「鱒の森」が届いていた。

表紙にはつい先月、僕が秋田で釣ったヤマメが掲載されているじゃないか!
少し疲れてぼんやりとしていた脳内に、ひんやりとした米代川源流でのあの日の光景が一気に広がって、夜中だというのにパソコンを開いてiPhotoのストレージから記憶を辿った。

渇水で渋かった釣行の最後を飾るように飛び出した尺ヤマメの、ギュー、ゴンゴンゴンという手応えがよみがえっていい気持ちになった。
編集U君が冷たい水にほぼ全身を浸して、ガタガタ震えながら何十カットも水中写真を撮ったあの淵の印象的な光の揺らめきが思い出された。

釣友達のコラムやお気に入りのエッセイは楽しみにしてチビチビゆっくり読もう。
即物的且つ扇動的な情報誌が氾濫する中、釣りという趣味を通して、その向こう側にある人間達のペーソスや、釣り人が紡ぎ出したエッセンスを読む事が出来る数少ない雑誌だと思うから、僕も微力ながら肩入れしているのだ。

暑い日が続いているが、あちこちで夕立も降っているようだ。
アメダスと睨めっこしながら、友人と釣行のタイミングを見計らっている。
届いた鱒の森をパラパラとめくっていると、最後の方に「福蝉」が出て来た。
そういえば何年か前の夏、久しぶりに家族にアマゴを食べさそうと思って良型を5匹ばかりキープした時、5匹のアマゴの腹から7匹のヒグラシが出て来たのを思い出した。
そうだ、蟬ルアーだ!(笑)

福蟬はなかなか手に入らないから、自分で作るか、あるいは市販の蟬ルアー(たいていは羽がカップになったノイジーだ)の羽をもいで、あの川へ出かけよう。
そうだそうだ!
出かけるにはまず目の前の大量の仕事を片付けなくてはならないが、ヒグラシの渓を思い浮かべると俄然やる気が出てくる。
鱒の森のおかげで、またしばらくモチベーションをつなぐ事ができそうだ、サンキュー(笑)

 

2015年4月26日

270417アマゴ1.jpg270417アマゴ4.jpgRX50RSヤマメOB.jpg

RX50RS ヤマメ オレンジベリー 3.5g シンキング
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

餌釣りでもなく、フライフィッシングでもなく、スプーンでもスピナーでもなく、ミノーを使うという選択の意味するところとはなんだろう?
単に釣れるから、あるいは大物が釣れそうだから…一定のレベルにあるアングラーなら絶対そうは考えていないだろう。

一方で、ひとつ抜けた段階にレベルアップを果たせずにいるアングラーもかなり多いのではないかと思う。
そういう人たちがどんなルアーを使い、どのようにそれを使いこなしているかをよーく観察していると、その理由がよく理解できる。

アングラーの技術を育むのは、他でもない、ミノーの性能なのだ。
僕や、師匠の松本さんは、ほぼ100%バルサハンドメイドミノーで釣りをしてきた。
それが何を意味するかと言えば、そんじょそこらのミノーでは絶対に不可能な流速に対応したり、逆にピンスポットで電光石火のアクションを加えたり、普通ならとっくに水面を割ってしまうであろう早く強い操作をなんなく受容するミノーの性能に支えられて、ダイナミックレンジの広い釣りが展開できるということだ。
小さく打てば小さく響き、大きく打てば大きく応えるミノーがあるからこそ、様々なアクションを試みる事ができ、それが引き出しの多さに繋がって、他人が見切ったポイントから渓魚を誘い出す事ができるのである。
上の写真のように、人に譲ったポイントから更に連続4匹を引き出す事だって可能だ(笑)

ミノーイングは皆が考えているよりもっともっと懐が深いゲームである。
一定区間に何回ヒラを打たせられるかなどと考えているようでは、ミノーの性能の半分の半分も引き出せない。
ミノーをスプーンとして使っているアングラー、あるいはミノーの形をしているがスプーン的な操作を要求するミノーも多くある。
だが、ミノーイングの本質はそこには無い。
それを僕は、バルサハンドメイドミノーで学んだ。

RX50RSとRX50MDSはともに、ミノーイングの為のミノーだ。
ダイナミックレンジの圧倒的な広さは、平均的なインジェクションの操作リニアリティーを遥かに超えて、バルサミノーに肉薄している。
もちろんレイチューンのフルハンドメイドバルサはまだ遥かに上の性能だけど、一般的に入手可能なバルサミノーでもRXを超えるものは多くはない。

僕が真のミノーイングフリークに送る自信作。
ミノーを使う意味とは、操作に対するリニアリティーが他のルアーより圧倒的に優れているからに他ならないということが実感できるはずだ。
ひとつ上のミノーイングとは何か?
これを使えば必ずや理解できると保証する!(笑)

バンブーロッドの修理

2014年6月22日

20140622_2469118.jpg

TARGET521と522Hプロト

20140622_2469119.jpg

TX50RSS ヤマメオレンジベリー(ホログラムタイプ2)

 

やはりこの、アルミ削り出しの超軽量高剛性リールシート(8パーツで29.8g、並みのウッドスペーサー仕様のほぼ半分)には苦労したぶん愛着があって、とりわけロッドビルダー原田君とHOTSHOT松本師匠とのトリプルネームの入った僕の愛竿model 521は、いろんな気持ちがないまぜになって、今見ても込み上げてくるものがある。
あえてワンピース構成としたシャープで軽量なブランクスの良さを最大限引き出すために作ったリールシート込みのロッド総重量は、竹の個体差もあるが85g前後だ。

 

1g台のフローティングミノーから3.5g程度のミノーをシャープに振り抜く設計のこのロッドは、5g超のミノーをフルキャストする時の最後の一押しのパワーが少し足りないのと、35cm以上の魚をアップクロスで掛ける時のフッキングパワーが足りない以外は(友人はこの竿で50cmオーバーのニジマスを普通に釣ったりしているが...)キャスティング性能といい、ルアーのコントロール性といい、素晴らしい能力を持っている。

 

その美点を殺さずに、モアパワーを求めたのがmodel 522Hだ。
まだプロトの段階で、不注意から折ってしまって充分な実釣テストができていなかったが、僕も忘れていた頃にようやく新しいティップセクションが出来上がってきた(笑)
実は近年、model 521にカージナル3あるいはC3、そして0.3号の4ブレイドPEラインに1.2号リーダー60cm、という組み合わせに、渓流ミノーイングタックルの終着点を見いだしつつある僕なのだが、PEラインがトラブった時に現場でシステムを組むのは老眼も相まって非常にめんどくさい。
そこで、ナイロンラインでもヘビーウエイトルアーをキャスト出来、大物もフックアップできるバンブーロッドを、と考えたのがこのモデルの背景である。

 

折しも、ヘビーシンキングのインジェクション製品をリリースしたタイミングだから、絶好のテストになる。
普段使いにはカーボンロッドで充分なのは言うまでもないが、渓流ルアーフィッシングに趣味性や特別な能力を追い求めてゆけば、やはりバンブーロッドは最終着地点となるのではないかと僕は考えている。
四半世紀もミノーイングをやっているこの僕が、バンブーロッドとハンドメイドミノーで釣りをする時に最も幸福を感じるのだから...

雨後の釣り2

2014年5月23日

20140523_2355693.jpg 20140523_2355694.jpg 20140523_2355695.jpg

四国の宝石、アマゴ

 

新緑の色はたいぶ濃くなったとはいえ、人里離れた携帯なんか全くつながらない山奥の渓流を訪れると、車のドアを開けた瞬間に、いつもより明らかに濃く柔らかい空気と目映い緑色の光が全身にワッと浸潤する気がして、叫びたいような衝動とともに何かが一瞬にして解放されるのがわかる。
まさに心洗われるという表現以外思い浮かばない。
一昨日の夜の雨がまだ効いていて、うっすらと笹濁りが残っている。
最初の淵から入れ食いだ!
時折、良いサイズがかかる。
写真の大淵で友人が大物を掛けるがバラす。
あまりにも美しい渓。
宝石のように美しいアマゴ。
釣友とのひととき。
渓流釣り師は、世界で一番幸せな人々かも知れない。

 

雨後の釣り

2014年5月21日

20140521_2348004.jpg 20140521_2348005.jpg 20140521_2348006.jpg

Japanese bone fish ・ Japanese trout ・ Japanese fisherman

 

「雨が降ったら釣り曜日」というのは、どこのキャッチコピーだったっけ?
猛烈忙しいけど、なぜかそんな時に限って釣りのチャンスが舞い込んでくるのだ。
なにかと理由を付けないと、釣りに行くのがなんだか憚られる年頃だが、まともな言い訳さえあれば大っぴらに行ける(笑)

 

雨が降り、友人と恩人が来る。
これ以上の言い訳があるだろうか?(シメシメ)
というわけで勇んで出撃したのだが、程良い降雨があったにもかかわらず魚は釣れない。
それどころか、ギアをローレンジに放り込んで河原のサンドを走行中スタック!
収穫は今のところ、友人のランクル70で引っぱってもらって無事生還したという話の種だけだ。(渡辺店長、多謝多謝!)
僕のランカスターは車高が高くてトランスファーとトルセンセンターデフ装備のマニュアルミッション車とはいえ、乗用四駆などを過信してはいけない。

 

大きく上流へ移動して、90mmのフローティングミノーで尺あるなし程度の小さな本流アマゴを釣ったが、肝心の客人達にあたりは無い。
ただ強い風が川面を吹き渡るばかりだったが、顔を出した太陽に照らされてルアーを投げ続けるのは、なんだか体と心の中心が暖かくなる気がした。

 

1  2  3  4