ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

HOME » BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー › ルアーメイキング

BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

RXシリーズ

2015年4月 9日

jpg

手前 RX50RS、奥 RX50MDS   OLYMPUS E-M1  60mm /2.8 macro(F8 -1.7EV)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

告知から数ヶ月が経ち、いつになるの?という問い合わせを多数頂いておりましたRXシリーズですが、ようやく製品が上がって来はじめました。
来はじめたと表現したのは、まだ発注数の一部が届いただけで、出荷できるにはあとちょっとだけかかるからです。
順調なら4月下旬には店頭に並べられるようなスケジュールで進行中です。

ハンドメイドブランドとしてご支持いただいている弊社が、プラスチック製品を作るにあたって絶対守らなくてはならないことはなにか。
新製品を作るときにいつも意識していることは、「かっこ良さと機能の両立」です。
それがなくなってしまうとアイデンティティーもクソもないので、毎度毎度、産みの苦しみを味わう訳です(笑)

まずは金型を起こす時に、いわゆるCADデータっぽさを残さず、できるだけマスターモデルのハンドメイド風味を残すようデザインする訳ですが、これがまぁ大変。
金型デザイナーさんを泣かせながらデータを作り込んで行きます。
動きについては、ハンドメイドの経験を活かすことができるので、比較的苦労がないというか、最初に線を引いたところからあまり修正せずに製品まで持って行くことができています。
塗装は自分でやるなら簡単ですが、ハンドメイドに集中したいと思ってインジェクションを始めたわけだから、自分で塗ってちゃ本末転倒なので塗装ワーカーを指導することになります。

今回の製品はベトナムの日系最新鋭工場で作っています。
最新鋭といっても新しいというだけでスキルは全くありません(汗)
ですから、成形、組み立て、塗装と、すべての行程に深く関わる貴重な時間を過ごせました。
1から塗装を教えるのも初めてのことでしたが、どこか日本人にも似た生来の生真面目さを持つ若者達を指導するのは楽しい時間でした。
僕は弟子なんて抱える身分ではありませんが、なんだか若い弟子ができたような気さえします。
そして、我々の努力の結晶の第1段が、このRXシリーズです。

どこからどう見てもレイチューンの製品になったでしょ?(笑)
そして、使えばまさにミノーイングフリークのための製品であることがご理解いただけるはずです。
超アグレッシブ、ダイナミックなレイチューンスタイルのミノーイングが自然と身に付くよう設計しています。

圧倒的フィッシングプレジャーをお届けできるまであとわずか。
楽しみにお待ち下さい。

RX50RS 序章

2015年2月12日

270212RX50RS.jpg

RX50RS 金型マスター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テールにかけて徐々に間隔が密になる不等ピッチの柳葉パターンは、レイチューンフルハンドメイドモデルと同様の表現の仕方だが、エラブタやボディー地肌に細かな凹凸を付けてトラウトやアユの鈍い光沢も表現しようと試みたのが、このマスターモデルである。
実際の成型品ではホログラムを貼ったり塗装が乗ったりするので、最終的なアピアランスは思惑通りとはいかなかった(汗)
しかし、ここまで金型を追い込むのがレイチューンスタイルとでも言いますか、最終的にはフルハンドメイドと同等のものをプラスチックで実現しようというのが目標なのだ。

たとえばリップとボディーの接合部。
大手メーカーでは、まずボディーのみの金型を作ってしまい、得られた成型品に後からリップを取り付けてテストをして、最後に金型を追加加工すると言う方法でミノーを作るらしい。
だからリップは比較的単純な形状にならざるを得ず、接合部がシャープエッジになっていて折れる原因になるから全体の厚みを稼いで強度を確保するという手法を取っている。

対して弊社製品は、リップはとりあえず経験に基づく勘で設定し、実際の性能試験はウッドマスターモデルでだいたいの当たりを付け、ABS削り出し切削モデルで最終確認を取ってから金型を起こす。
従って、ボディーとリップは最初から一体の設計であるから、薄肉リップをリブで補強したり、ボディーとはなだらかな曲線で接合することで応力の集中を避けて最大限の性能を確保している。
こういう細かなディテールに、レイチューンの本気を感じていただければ幸いと考えているのだ(笑)

今回投入するのはRX50RSとRX50MDSの2機種である。
ボディーの基本デザインを共用しながら、リップの形状サイズはもちろん、ラインアイ、フックアイの位置、内蔵ウエイトの場所も量も違う、全く別の目的を持ったモデルである。

RX50RS投入の真意は、タックルバランスの最適化にある。

ロッドの硬さ、リールの番手、ラインの太さ、様々な要素が絡み合い選ぶのに苦労してしまうものだが、「魚のサイズとパワーに合わせる」という、まぁ当たり前の考えだが、これが正解だと思う。
そこからいろんなものを逆算してゆくのが楽しい釣りの基本ではないかと考えている。

以前にも書いた事があるが、ミノーの設計は使用するフックサイズからの逆算だ。
トレブルの14が使いたければそれに合わせて設計する。
ボディーが出来てからフックを合わせるということは、微調整はあるにしても僕はあまりやらない。
当然、シングルフックを使うなら、ボディーはシングルフックの重量や水の抵抗に合わせた設計にすべきだ。
そして、そのフックサイズと言うファクターさえも、元はと言えば対象魚のサイズとパワーから導き出された答えに他ならない。

ヘビーミノーの台頭によってロッドもヘビー化の傾向にあるが、釣り味と言う点では面白みに欠ける。
ティップアクションのロッドでは、僕の嫌いなチョコチョコ釣りになってしまう(笑)
また、キャストが上手い人は皆、長年、1g台の超軽量ミノーを遠くへ正確に飛ばす訓練を重ねて来た人たちばかりだ。
だから、タックルのヘビー化には一理を認めつつも大筋として節度が必要と常々主張している。
特にビギナーは、難しいかも知れないが軽量ミノーで鍛錬される事を強くお勧めしたい。

モデレートアクションのウルトラライトパワーが渓流魚にはやはり最適だろうというのは、今更僕が言うまでもない事だが、やもすると見失われがちな基本である。
ミノーは、尺物を狙うならあまり細軸の針は使いたくないし、速い流れでも軽快に操作したいものである。
つまり、ウルトラライトで快適にキャスト出来、繊細なティップでも自在にアクションさせられるミノー、これがRX50RSのコンセプトなのだ。
フローティングなら2g中盤、シンキングなら3g中盤まで、これがキャストの快適さとミノーの性能を両立させ得るバランスポイントだと僕は考えている。
積極的な操作によってトラウトを惑わしヒットに持ち込むという、渓流ミノーイングの楽しみの本質を考えれば、シンキングなら3g台のミノーにもっと注目すべきなのだ。

おっと、機能的な事を語るとついついオタク口調になってしまった(笑)
次回はアクションについて書いてみます。

 

TX50RSS改良バージョン詳細

2015年2月 8日

h2702081.jpgh2702082.jpgh2702083.jpg

2015 TX50RSS 設計図
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

早くも改良版を投入する気合い満点の(笑)レイチューン2015年第1段のTX50RSS は、各部を大幅にブラッシュアップして完成度を高めました。
シンキングミノーの性能限界を突破する目的で設計したこのミノーは、4.5gというウエイトを達成しながら3g台前半の製品と同等か、あるいはそれらを上回る運動性能を獲得しています。
もはや一部のバルサ製品と互角と言って良いと自負しています。

それらを達成するために、これよりウエイトを足しても引いても成立しないこのボディー専用のディメンションを与え、強度との駆け引きをしながらギリギリの設計で煮詰めてテストも繰り返して来ましたが、多くの人の手に渡り、様々なシチュエーションで使われるようになったおかげで、余裕のある部分、もう少し強度が欲しい部分が見えてきました。

2015モデルでは、本来なら金型の大幅な設計変更を余儀なくされるワイヤーの強度アップを、コストを度外視して特注品を作って達成した後に、上記のリップ下側リブ補強の金型設計変更を行った上で強度テストを繰り返し(リブ強化は金型を掘り下げる方向なので比較的イージー)、性能をほとんど犠牲にせずプロダクトとしての完成度を大幅に向上させる事が出来ました。
これもひとえに皆様のご支持ご愛顧のおかげと感謝いたしております。

また、2015モデルではSA50RSにも同様のワイヤー補強を施し、両アイテムとも、ピンクヤマメとGヤマメをラインナップから落とし、新たにホロアユ、アマゴ、赤ヤマメ、アカキンの4色を加えた全10色のカラーバリエーションで、早ければ今週中にも発売します。

早期の水温が2℃程度の渓では、やはり低めのレンジでやや遅めのアピールが有効でしょう。
そんな解禁直後の条件下では、フォールが比較的早く、グイグイと深めのレンジをトレースして素早くフィーディングゾーンに到達し、流れに弾かれる事なくレンジをキープしたまま、小さなアクションでも極めてビビッドな操作感覚を得られるTX50RSSこそ、並のディープダイバーよりむしろ有効と考えています。

発売日が決まりましたらカラーバリエーションその他の詳細をお知らせ致しますので、今少しだけお待ち下さい。
このサイトをご覧下さっている方限定情報ですが、この後ニューモデルRXシリーズ投入ということもありTXとSAは数はそんなに作っていませんので、TX50RSS、あるいはSA50RSの新型が必要な方はお早めにお求め下さい。

次の更新では、ニューモデル2機種に込められたそれぞれのコンセプトを語りたいと思います(笑)

販売開始です

2014年6月21日

20140621_2466268.jpg

SA50RS ヤマメ (3.5g シンキング)ホログラムパターン1

 

納品情報
レイチューン初のインジェクションルアー、「TX50RSS」「SA50RS」は順次販売店様へ発送中です。
すでに到着し、販売開始されているショップさんもございますので、販売店様サイトよりご確認下さい。

 

また、弊社webshopでも、本日より販売開始いたしました。

 

納品済みショップさんはこちらです↓

 

●ザ・ナチュラリスト リバーサイド
 https://www.thenaturalistriverside.com/

 

●山口屋釣漁具
 https://www.ycrg.jp/

 

●RayTune ドットジェーピー
 https://raytune.shop-pro.jp/

 

●テニスステーション高松
 https://www.tennisstation-takamatsu.net/

 

よろしくお願いいたします。

 

ついにリリース!

2014年6月18日

20140621_2466271.jpg 20140617_2450541.jpg

デザイン、性能、自信アリ!(笑)

 

20年以上もハンドメイドルアーを作っていると、設計や仕上げにそこそこ自信めいたものが生まれる。
そして、何百アイテム、何万本とミノーを作るうち、ハンドメイドではどうしても踏み込めない領域があることにも、否応なく気付かされる。
また、自分が愛してやまないレイチューンスタイルのミノーイングの面白さを、特定のマニアだけのものにせず広く知ってもらうにはどうすべきかという長年のジレンマも抱えている。
この両者を解決すべく、我ながら画期的な(笑)バルサコアシステムのフェイズ、ヴォーグシリーズを発案しリリースしてきたわけだ。
仕上げと性能の水準を上げるのに一定の役割を果たせたとは思うが、趨勢を左右するにはあまりにもボリュームが不足している。
だから、レイチューンスタイルのミノーイングの可能性を多くの人と共有する為に、レイチューンの名にふさわしい更に安価なプロダクトを模索することは、僕にとってはいわば当然の選択でもあるのだ。

 

一本一本鱗目を刻む、さもなくばヤスリや自作のテンプレートにアルミホイルを押しつける方法に依存せざるを得ない鱗の表現方法。
また、構造線との干渉を避けてウエイトやリップ取付位置を決定しなければならなかったり、同様の理由で低重心化にも限界がある。
プラスチックに素材としてのポテンシャルの限界があるように、バルサハンドメイドミノーには技術的、構造的な限界があるし、個体差もある。
そうそう、リップの問題も大きい。
量産に適した素材は強度が不安なポリカーボネート薄板か、削れてしまうFRP薄板だ。
これらが、ハンドメイドビルダー達が等しく抱える悩みだ。

 

ならば、データ上で望む鱗を作り(金型製作の機械的限界がないわけではないが)、狙った仕上がり重量に最適化したボディーを設計し、最適位置に効率の良いリップを取り付ければ、バルサミノーに匹敵する性能を出せるのではないか?
そうならば、レイチューンの目指すところを広く知ってもらうために、インジェクションミノーの製作に乗り出すのは、選択としてアリだ、というのがプロジェクトを始めた大きな動機だ。
そして、それがうまく行けば、僕は心おきなくハンドメイドに打ち込める(笑)

 

納得がゆかないなら出さない覚悟で進めたプロジェクトが、こうして日の目を見る日が来るとは僕自身も半信半疑だった。
ハンドメイドでは出来なかったディテールを込め、他を圧する機能を身に付けて発売されるインジェクションミノーの性能を、ひとりでも多くの渓流ミノーイングファンに知ってもらいたい。
そしてレイチューンの名が伊達ではないことを実感して頂けるだろう。

 

まずは近年最もポピュラーになっているヘビーシンキングミノーと、最も先進的なリップレスミノーからリリース。
その実力を、あなた自身でお確かめいただきたい。

 

‹ 前へ 1  2  3  4  5