ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

HOME » BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

BLOG - Sunset & Fishing 夕日好きのプロルアービルダー

ハンドメイドルアーを作ろう vol.1

2016年10月 5日

handmade001.jpg

庄内川の夏ヤマメ OLYMPUS E-M1  M.ZUIKO PRO 12-40mm/f2.8


さてさて、最近は乗り出したばかりの量産ルアーを軌道に乗せるのに躍起になっておりますが、ハンドメイドミノーへの情熱は衰えるばかりか、時間が制約されるほどに作りたい願望は増すばかりです。
長らく待って頂いている方々にも、年末までには結果を出す所存でございます(汗)

製作のついでと言ってはなんですが、レイチューンの出来るまでを公開出来る範囲で画像を交えて紹介しようと思い立ちました。
釣りが好きで好きでたまらない人、物作りが楽しくて仕方ない人、ハンドメイドに至る動機はそれぞれですが、根っからの釣り好き且つアート好きの僕が、ミノービルダーとして仕事をさせて頂く上で何を目指し、どこに目を凝らしてミノーを作っているのかの一端がお伝え出来れば、僕や僕のお師匠さんである松本功さんが目指したトラウトミノーイングの世界を垣間みて頂けるのではないかと思うわけです。
不定期でボチボチの更新ですが、気長にお付き合いのほどをお願いいたします。

 

1・最初はこんな感じ

handmade01.jpg

何と言ってもハンドメイドで楽しいのは最初の線を引くときですね。
プラ板の保護紙の上に鉛筆でイメージを走らせて、完成形を夢想するときがいちばんワクワクします。
リアリティー重視だったり機能性重視だったりと、その日の気分に左右されるところもありますが、ホットショットが高度に達成していたリアリティーを追求しながら鋭敏な機能性を持たせるというところは、レイチューンに於いても最も大切にしているところです。
ちなみにホットショットもレイチューンも、同じ型紙を使い回すことはほとんどありません。
それは作り終える頃には、今作ったものが何故だか陳腐に思えてしまうからです。
何年か経って、一周回って似たようなものを作る事は時々ありますが、まったく同じということは絶対にありません。
量産ではスタイルを守る事が伝統やレジェンドに繋がったりしますが、ハンドメイドとはなんぞや?と問われた時に僕の頭に浮かぶのは「自由」という言葉です。
いつでも変幻自在に変われる、変えられることが手作りの特権だと思います。
ただ、プロビルダーとなると、同じ型紙から作ればほとんど揃ったものを作れる能力が要求されるのは当然です。
素材特性から生じてしまう僅かな個体差は経験値でアジャストできるのもプロの技術だと思います。

ここで注意しなければならないのは、ホットショットメソッドでは強度や表現力の点からナガシマのラッカーセルロースにディッピングして製作することを前提としていますので、型紙通りには仕上がらないという事を考慮して型紙製作をしなければならないというところです。
型紙でカッコいいと思う線が引けてたとしても、最終的には全く違う形状になりますので、そこのところは幾つか作って経験値を上げて、引き算が出来るようにならなければなりません。
上の写真でも、型紙のアウトラインと完成予想図が違う事にお気づきでしょうか?

型紙ができれば、細いペンでバルサに形を写し、ガタツキの無い鋭利な切り出しナイフで、ケガイた線を左右に切り分けるくらいの気持ちで出来るだけオンラインでカットします。
この時、カッターナイフでは精度が出ません。
何故ならばボディーと刃のクリアランス分のガタがあるからです。
僕のナイフは特注品で、握りには友人の手袋屋さんからかっぱらってきた皮を巻いて力を入れやすくしています。
何の職業でも同じでしょうが、精度やスピードを求めはじめると、必ずオリジナルの専用工具が必要になってきます。
趣味ならば時間は関係ないので精度さえなんとか確保出来れば問題ありません。
ナンバリングしてあるのは、柾目に沿った直近左右の重量や硬さが揃っている部分同士をペアにしたいからです。
逆に言えば、たとえば一番上のペアで作った個体と一番下の個体とでは比重が違う場合もありますが、それはハンドメイドの楽しみと捉えて、最後に重量を計測したりして、リップの角度や形状で個体差をアジャストします。
これが出来るようになった頃、プロっぽいなーと自覚出来るようになったのを覚えています。

ワイヤーは強度の点から必ず鋼線(バネ材)を使います。
細い金属シャフトと万力、ラジペン等を利用して曲げます。
バネ材なのでビンビン反発してしまいますので、フライタイイングのボビンホルダーを使ってスレッドで開かないよう巻き止めます。

今日はこのへんで。

深夜の郵便受け

2016年8月19日

masunomori01.jpg

masunomori02.jpg

masunomori03.jpg

OLYMPUS E-M1 M.ZUIKO DIGITAL  PRO12-40mm F/2.8    60mm/F2.8MACRO ED


夕方から急遽、瀬戸大橋を渡り、倉敷のDHL営業所(高松には無い)で荷物を受け取り、急いで戻ってブツに加工を施し、手渡しする為に淡路島SAまで車を飛ばして、帰宅したのは午前2時前だった。

帰ってなにげに郵便受けを見ると書籍っぽいものがはみ出している。
新しい「鱒の森」が届いていた。

表紙にはつい先月、僕が秋田で釣ったヤマメが掲載されているじゃないか!
少し疲れてぼんやりとしていた脳内に、ひんやりとした米代川源流でのあの日の光景が一気に広がって、夜中だというのにパソコンを開いてiPhotoのストレージから記憶を辿った。

渇水で渋かった釣行の最後を飾るように飛び出した尺ヤマメの、ギュー、ゴンゴンゴンという手応えがよみがえっていい気持ちになった。
編集U君が冷たい水にほぼ全身を浸して、ガタガタ震えながら何十カットも水中写真を撮ったあの淵の印象的な光の揺らめきが思い出された。

釣友達のコラムやお気に入りのエッセイは楽しみにしてチビチビゆっくり読もう。
即物的且つ扇動的な情報誌が氾濫する中、釣りという趣味を通して、その向こう側にある人間達のペーソスや、釣り人が紡ぎ出したエッセンスを読む事が出来る数少ない雑誌だと思うから、僕も微力ながら肩入れしているのだ。

暑い日が続いているが、あちこちで夕立も降っているようだ。
アメダスと睨めっこしながら、友人と釣行のタイミングを見計らっている。
届いた鱒の森をパラパラとめくっていると、最後の方に「福蝉」が出て来た。
そういえば何年か前の夏、久しぶりに家族にアマゴを食べさそうと思って良型を5匹ばかりキープした時、5匹のアマゴの腹から7匹のヒグラシが出て来たのを思い出した。
そうだ、蟬ルアーだ!(笑)

福蟬はなかなか手に入らないから、自分で作るか、あるいは市販の蟬ルアー(たいていは羽がカップになったノイジーだ)の羽をもいで、あの川へ出かけよう。
そうだそうだ!
出かけるにはまず目の前の大量の仕事を片付けなくてはならないが、ヒグラシの渓を思い浮かべると俄然やる気が出てくる。
鱒の森のおかげで、またしばらくモチベーションをつなぐ事ができそうだ、サンキュー(笑)

 

その渓には美しいヤマメが棲むという

2016年7月27日

287touhoku1.jpg

287touhoku3.jpg


 ブナ林を透かして見下ろす渓底には、人の生活の汚れとは無縁の清冽な流れが横たわっている。
イワナがメインだが、時として目を疑うほど美しい、しかも良型のヤマメが釣れるという。
だが、そうは簡単にいかないものだ。
実はこの渓を釣るのは2度目で、前回は降りしきる秋雨の中、ワンキャストごとに流された葉っぱが釣れて往生したものだ。
結局、何尾かイワナを釣ったのみで、ヤマメはその姿すら見ることが出来なかった。

しかししかし、渇水でどうだろう?と不安を抱えながらも、強い意志を持って攻め続け(単に渋かったとも言う、笑)ついに念願のヤマメを釣ることができた!(バンザ〜イ)

いやいやいや、聞きしに勝るとはこの事だ。
素晴らしい魚体、色、パワフルなファイト。
まさにパーフェクトフィッシュだ。
詳細は、そのうち「鱒の森」紙面でお伝えできるでしょう。
287touhoku2.jpg

OLYMPUS E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm/f2.8PRO M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm/f2.8Macro


 

2015年4月26日

270417アマゴ1.jpg270417アマゴ4.jpgRX50RSヤマメOB.jpg

RX50RS ヤマメ オレンジベリー 3.5g シンキング
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

餌釣りでもなく、フライフィッシングでもなく、スプーンでもスピナーでもなく、ミノーを使うという選択の意味するところとはなんだろう?
単に釣れるから、あるいは大物が釣れそうだから…一定のレベルにあるアングラーなら絶対そうは考えていないだろう。

一方で、ひとつ抜けた段階にレベルアップを果たせずにいるアングラーもかなり多いのではないかと思う。
そういう人たちがどんなルアーを使い、どのようにそれを使いこなしているかをよーく観察していると、その理由がよく理解できる。

アングラーの技術を育むのは、他でもない、ミノーの性能なのだ。
僕や、師匠の松本さんは、ほぼ100%バルサハンドメイドミノーで釣りをしてきた。
それが何を意味するかと言えば、そんじょそこらのミノーでは絶対に不可能な流速に対応したり、逆にピンスポットで電光石火のアクションを加えたり、普通ならとっくに水面を割ってしまうであろう早く強い操作をなんなく受容するミノーの性能に支えられて、ダイナミックレンジの広い釣りが展開できるということだ。
小さく打てば小さく響き、大きく打てば大きく応えるミノーがあるからこそ、様々なアクションを試みる事ができ、それが引き出しの多さに繋がって、他人が見切ったポイントから渓魚を誘い出す事ができるのである。
上の写真のように、人に譲ったポイントから更に連続4匹を引き出す事だって可能だ(笑)

ミノーイングは皆が考えているよりもっともっと懐が深いゲームである。
一定区間に何回ヒラを打たせられるかなどと考えているようでは、ミノーの性能の半分の半分も引き出せない。
ミノーをスプーンとして使っているアングラー、あるいはミノーの形をしているがスプーン的な操作を要求するミノーも多くある。
だが、ミノーイングの本質はそこには無い。
それを僕は、バルサハンドメイドミノーで学んだ。

RX50RSとRX50MDSはともに、ミノーイングの為のミノーだ。
ダイナミックレンジの圧倒的な広さは、平均的なインジェクションの操作リニアリティーを遥かに超えて、バルサミノーに肉薄している。
もちろんレイチューンのフルハンドメイドバルサはまだ遥かに上の性能だけど、一般的に入手可能なバルサミノーでもRXを超えるものは多くはない。

僕が真のミノーイングフリークに送る自信作。
ミノーを使う意味とは、操作に対するリニアリティーが他のルアーより圧倒的に優れているからに他ならないということが実感できるはずだ。
ひとつ上のミノーイングとは何か?
これを使えば必ずや理解できると保証する!(笑)

RXシリーズ

2015年4月 9日

jpg

手前 RX50RS、奥 RX50MDS   OLYMPUS E-M1  60mm /2.8 macro(F8 -1.7EV)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

告知から数ヶ月が経ち、いつになるの?という問い合わせを多数頂いておりましたRXシリーズですが、ようやく製品が上がって来はじめました。
来はじめたと表現したのは、まだ発注数の一部が届いただけで、出荷できるにはあとちょっとだけかかるからです。
順調なら4月下旬には店頭に並べられるようなスケジュールで進行中です。

ハンドメイドブランドとしてご支持いただいている弊社が、プラスチック製品を作るにあたって絶対守らなくてはならないことはなにか。
新製品を作るときにいつも意識していることは、「かっこ良さと機能の両立」です。
それがなくなってしまうとアイデンティティーもクソもないので、毎度毎度、産みの苦しみを味わう訳です(笑)

まずは金型を起こす時に、いわゆるCADデータっぽさを残さず、できるだけマスターモデルのハンドメイド風味を残すようデザインする訳ですが、これがまぁ大変。
金型デザイナーさんを泣かせながらデータを作り込んで行きます。
動きについては、ハンドメイドの経験を活かすことができるので、比較的苦労がないというか、最初に線を引いたところからあまり修正せずに製品まで持って行くことができています。
塗装は自分でやるなら簡単ですが、ハンドメイドに集中したいと思ってインジェクションを始めたわけだから、自分で塗ってちゃ本末転倒なので塗装ワーカーを指導することになります。

今回の製品はベトナムの日系最新鋭工場で作っています。
最新鋭といっても新しいというだけでスキルは全くありません(汗)
ですから、成形、組み立て、塗装と、すべての行程に深く関わる貴重な時間を過ごせました。
1から塗装を教えるのも初めてのことでしたが、どこか日本人にも似た生来の生真面目さを持つ若者達を指導するのは楽しい時間でした。
僕は弟子なんて抱える身分ではありませんが、なんだか若い弟子ができたような気さえします。
そして、我々の努力の結晶の第1段が、このRXシリーズです。

どこからどう見てもレイチューンの製品になったでしょ?(笑)
そして、使えばまさにミノーイングフリークのための製品であることがご理解いただけるはずです。
超アグレッシブ、ダイナミックなレイチューンスタイルのミノーイングが自然と身に付くよう設計しています。

圧倒的フィッシングプレジャーをお届けできるまであとわずか。
楽しみにお待ち下さい。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11